◆会員情報

シンポジウム
平成30年度文化遺産を活かした地域活性化事業
杉原紙シンポジウム
多可町立杉原紙研究所 会員関連

日 時:2018年11月17日(土)11:00~16:00
会 場:多寡町文化会館ベルディホール
〒679-1113 兵庫県多可郡多可町中区中村町135
TEL:0795-32-1300 FAX:0795-32-4060
主 催:多可町文化遺産活用実行委員会
参 加:要予約
内 容:
11:00~16:00 杉原紙商品開発コンテスト作品展
〈会議室〉   寿岳文章が集めた和紙展
13:50~14:20 基調講演
Ⅰ「日本の和紙文化における杉原紙」
湯山賢一(神奈川県立金沢文庫長)
Ⅱ「地元史料にみる杉原紙の歴史 中世~近現代」
小栗栖 健治(播磨学研究所副所長)
14:40~16:00 パネルデスカッション
パネリスト:湯山賢一・富田正弘(富山大学名誉教授)・小栗
栖健治・埴岡真弓(播磨学研究所研究員)
コーディネーター:安平勝利(那珂ふれあい館館長)

13:00~16:00(12:00受付開始)<大ホール>
杉原紙アイデア商品コンテスト表彰式
シンポジウム(基調講演・パネルディスカッション)
入 場:無料
お問合せ・予約申込み:
那珂ふれあい館 Tle0795-32-0685 Fax0795-30-2730

https://www.facebook.com/pages/category/Government-Website/那珂ふれあい館-1612947158935588/

◆会員情報

展覧会
A SEI CUBO展
花牟禮〈久保〉亜聖の正六面体 ASEI CUBO HANAMURE
花牟禮亜聖 会員関連
日 時:2018年10月13日(土)~21日(日)
12:00~19:00(日曜日17時まで) 休廊日17日水曜日
会 場:GALLERY HIPPO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-21-15
TEL&FAX 03-3408-7091 E-mail info@gallery-hippo.com
Web http://www.gallery-hippo.com

 

 

【和紙関連企画】

平安古筆に使われた装飾料紙を復元
歴史的事業「越前装飾和シンポジウム」「特別展覧会」開催

①HPうちくも
「復元紙 うちくも」

 

① 岡太神社・大瀧神社1300年大祭記念 越前装飾料紙シンポジウム
テ ー マ:「千年の時空を超えた装飾料紙、今、越前に甦る」
開催日時:10月28日(日) 13:30~17:30
会 場: あいパーク今立 ホール
内  容:

第1部 基調講演
「かな書道と平安の装飾料紙」 名児耶 明氏(五島美術館副館長)
「現代に甦る四種の料紙とかな表現」高木厚人氏(大東文化大学教授)
「平安装飾料紙と色の世界」吉岡幸雄氏(染司よしおか 5代当主)
「装飾料紙復元の試みについて」
五十嵐 康三氏(福井県和紙工業協同組合 副理事長)

 

第2部 パネルディスカッション
名児耶 明・高木厚人・吉岡幸雄・五十嵐 康三(司会)佐藤登美子

第3部 越前生漉鳥の子紙保存会活動報告 保存会会長 柳瀬晴夫

共  催  越前市、福井県和紙工業協同組合、和紙文化研究会
後  援  福井県教育委員会 越前市教育委員会 全国手すき和紙連合会 公益法人日本書作家協会 社団法人全日本書道連盟 公益財団法人全国書美術振興会 全国表具経師内装組合連合会 文化財保存修復学会 日本・紙アカデミー 福井県書作家協会 福井県表具組合連合会 福井新聞社 FBC福井放送 福井テレビ FM福井 月刊URALA 丹南ケーブルテレビ

② 特別展覧会
題  名 :「現代かな作家と装飾料紙」―越前によみがえる平安の美 
監  修 :名児耶 明(五島美術館副館長)
展示内容:
書や女流文学の世界で憧れて止まない平安王朝文化の美意識や自然観が作り出す装飾模様は、打雲・飛雲は変容し、羅紋・藍紙は数百年途絶えていました。それらを現代の越前の紙漉き技術と情熱で復元し、そこに日本を代表する5名のかな書作家によって生命が吹き込まれ様々な美が完成します。復元料紙と現代の“かなの美”が織りなす、江戸や明治時代の人も見ることができなかった、まさに時空を超えた歴史的で文化的な空間をご覧いただける機会となります。

揮毫作家:黒田賢一 Kenichi KURODA
高木厚人 Atsuhito TAKAGI
土橋靖子 Yasuko TUCHIHASHI
横山煌平 Kouhei YOKOYAMA
渡辺墨仙 Bokusen WATANABE
会  期 :平成30年10月19日(金)~11月26日(月)
会  場 :紙の文化博物館(福井県越前市新在家町11-12)
℡0778-42-0016 http://www.echizenwashi.jp
主  催:越前市
共  催:文化庁 越前装飾料紙シンポジウム実行委員会 福井県和紙工業協
同組合
後  援:福井県教育委員会 越前市教育委員会 和紙文化研究会 全国手すき和紙連合会 公益法人日本書作家協会 社団法人全日本書道連盟 公益財団法人全国書美術振興会 全国表具経師内装組合連合会 文化財保存修復学会 日本・紙アカデミー 福井県書作家協会 福井県表具組合連合会 福井新聞社 FBC福井放送 福井テレビ FM福井 月刊URALA、丹南ケーブルテレビ
開館時間:午前9:30~午後5:00(入館は4:30分まで)

②HPいろ紙
「復元紙  いろ紙」

 

 

③関連展覧会

題  名:「紙漉き職人達の挑戦」―越前によみがえる平安の美
会  場:卯立の工芸館(越前市新在家町9-21-2)
会  期:平成30年10月19日(金)?11月26日(月)
展示内容:平安時代の装飾料紙(複製品)、今回復元した装飾料紙の展示、及び
その製作工程をご紹介いたします。
主  催:文化庁
共  催:越前装飾料紙シンポジウム実行委員会 越前市 福井県和紙工業共同
組合
後  援:福井県教育委員会 越前市教育委員会 和紙文化研究会 全国手すき和紙連合会 公益法人日本書作家協会 社団法人全日本書道連盟 公益財団法人全国書美術振興会 全国表具経師内装組合連合会 文化財保存修復学会 日本・紙アカデミー 福井県書作家協会 福井県表具組合連合会 福井新聞社 FBC福井放送 福井テレビ FM福井 月刊URALA、丹南ケーブルテレビ

④ 越前和紙産地見学会
開催日時:平成30年10月29日(月)  9:30~12:00
※和紙工場見学は各工場の作業の関係上、午前中のみ
参 加 料:1,000円(見学資料、和紙の文化博物館・卯立の工芸館入場料)

⑤ 越前装飾料紙シンポジウム交流会
開催日時:平成30年10月28日(日) 18:30~
会  場: あいパーク今立 ホール
参 加 費: 4,000円(当日申し込み可)

①~⑤の参加について

申込方法
シンポジウム・交流会・産地見学会は事前受付制とさせていただきます。
参加費の事前払込みが必要ですので、同封の「シンポジウム・交流会・産地見学 参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送(現金書留の場合は参加申込書を同封)のいずれかにて、下記までお申し込み下さい。
〔福井県和紙工業協同組合〕
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875
FAX:0778-43-1142 E-mail:info@washi.jp

シンポジウム参加申込書(エクセル)

参加費用 
1)越前装飾和紙シンポジュウム(要旨集代)・・・・・・・・1,000円
2)交流会   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4,000円
3)産地見学会(見学資料・卯立の工芸館・和紙の文化博物館入館料)1,000円

支払方法
参加費は下記指定口座にお支払い下さい。振り込み手数料は各自ご負担願います。受付後、「参加証」を送付致します。なお、お申し込みが集中した場合は、送付が遅れることがあります。また、特にお申し出がない限り、参加賞をもって領収書に代えさせていただきます

1)〒口座振替
口座名義:福井県和紙工業協同組合
記号番号 13370-08981341

2)現金書留
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内 福井県和紙工業協同
組合 越前装飾和紙シンポジウム実行委員会
※ 現金書留の場合は参加申込書も同封願います。

宿泊先
添付の「宿泊申込書」に必要事項をご記入の上、直接、福鉄旅行社へお申し込み下さい。予約確定後、福鉄旅行社より請求書を送付させていただきますので、お振り込みをお願い申し上げます。
お申し込み後、宿泊の予約の取消しは、別紙の通り取消し料が必要となります。ご留意願います。

シンポジウム宿泊申込書(エクセル)

③HPらもん紙

「復元紙 らもん」

月例会見学ご希望の方々へ

見学希望の方は、9月12日(水)まで、添付「Web申し込み書」に必要事項を記入の上、下記例会委員専用アドレスへ添付してお送り下さい。entry@washiken.sakura.ne.jpまた、事務局宛に「FAX申し込み書」(03-5685-7780)でお申し込み下さい。見学詳細はこちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。
FAX 申し込み書<Wordファイルです
◆ 9月例会
日 時:9 月15日(土)13:30 ~17:00
会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室
13:00 ~ 13:30 フリートーク
※会員相互の情報交換の時間としてご利用ください。
13:30 ~ 14:40 第16 回宍倉ゼミ 宍倉佐敏 会員(下記参照)
14:40 ~ 14:50 休憩
14:50 ~ 16:40 招聘講師 杉本一樹 発表
「正倉院で紙から学んだこと」 (次頁参照)
16:30 ~ 17:00 事務連絡・片付け・退出
※当日の進行状況により、スケジュールが多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

第16回 宍倉ゼミ 3回連続        プロジェクター・DMS使用予定
題名:「唐紙・和紙・洋紙の歴史と各紙の共通点と相違点 〈第1回〉」
女子美術大学特別招聘教授 宍倉佐敏 会員

中国の唐紙、日本の和紙、西洋の洋紙にはそれぞれ歴史があり、製法や制作の理念・形態も異なるが、これらの全てがペーパーである事は間違い無しこれらの共通点は何が相違点はどこに在るのか、中国の紙の発明と唐紙に変化していく様子、中国から伝った紙が和紙に変化し多様性が拡大した事、発展が遅れた洋紙が機械力の導入で大きく変化した姿などを検討する。
※ このテーマにつきましては、今回より、全3回の講義となります。

「正倉院で紙から学んだこと」        PC・プロジェクター使用予定

             招聘講師 杉本一樹 (前宮内庁正倉院事務所長)

 「正倉院の紙」は、和紙文化の源流として限りない価値をもつ存在であるが、実際に手にとって詳しく観察する機会は稀である。ここに、専門家による調査の必要性が生まれる。発表者は永年、主として日本古代史の立場から正倉院宝物調査に従事するなかで、正倉院の紙全般を、奈良時代の文化のなかに位置づけ、紙がどのように使われていたかを考える機会があった。そこで、紙の専門調査を企画し、その調査には、専門家と、その調査成果を待ち望む多くの研究者や実際に紙を扱う方々とのなかだちをする「(紙の)準専門家」という立ち位置を選んだ。このあたりの道筋を振り返り、正倉院の紙全般の紹介を織り交ぜながらお話ししたい。
漉き目調査
■ 講師略歴
杉本一樹(すぎもと かずき) 前宮内庁正倉院事務所長 
昭和32(1957)年東京都生まれ
【学歴】
日本古代史専攻,東京大学大学院博士課程中退 2002(平成14)年、東京大学から 博士(文学) の学位授与
【経歴】
1983(昭和58)年 宮内庁正倉院事務所採用 正倉院文書・聖語蔵経巻を初めとする宝物の調査研究に従事、主任研究官・調査室長・整理室長・保存課長を
へて2008(平成20)年4月から正倉院事務所長、
2017(平成29)年3月、定年退職。4月、正倉院事務所宝物調査員、東大寺学術顧問、奈良文化財研究所客員研究員に就任、現在に至る。

2018年度和紙文化研究会月例会予定

2018会員発表予定表

※2018/8月は休会ですので見学はできません。

※テーマは仮題です。担当がまだ決定していない場合もあります。なお、発表者・発表内容・スケジュールなど変更になる場合があります。各月のお知らせをご確認下さい。