和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ

◆和紙だより

〖季刊 和紙だより57号 2018冬号の紹介〗

目次
〈越前和紙への提言〉…… 1頁
河野徳吉さん(和紙流通史研究)「京都の紙、紙の流通の基本は信用」
〈工房探訪〉野田版画工房-空間を彩る抽象絵画のような唐紙…… 2頁
〈漉き場探訪〉(株)滝製紙所「産地の横の繋がりを活かす」…… 3頁

〈和紙ミニコーナー〉 「紙博in京都」開催…… 4頁
〈情報欄〉『和紙の里』38号発行、など…… 4頁

バックナンバー一覧(下記URL)からダウンロードできます。
http://washidayori.jimdo.com/2018冬号-1

2018冬号-2 2018冬号-3 2018冬号-4

◆和紙情報

展示会
和紙に出会う展 ~日本と西洋の伝統手漉き紙が繋ぐ未来~

会 場:港区立エコプラザ 〒105-0013 東京都港区浜松町1-13-1
             TEL 03-5404-7764
会 期:2018年2月18日(日)~3月16日(金) ※2月26日(月)休館日
入 場:無料

エコと和紙作りは共にあると語り、高知県檮原から上京して、港区エコプラザで何度もワークショップを続けているロギール・アウテンボーガルトさんは、原料栽培から紙漉きまでを一貫して行い、伝統の紙漉き技術大事にしている和紙作家。今回は手すき和紙の作品や伝統技法の紙漉きについて紹介する展示会。
会場にはエコに関する書籍や様々な取組みなどが紹介してあり、人にやさしい空間です。JR浜松町・地下鉄大門から徒歩5分、気軽に一度お越し下さい。

関連HP https://minato-ecoplaza.net/?p=264

はがき

わずか数十センチの土で5mの楮が育っています。隣に立つのはロギールさん楮 500

月例会見学ご希望の方々へ

見学希望の方は、2月15日(木)まで、添付「Web申し込み書」に必要事項を記入の上、下記例会委員専用アドレスへ添付してお送り下さい。entry@washiken.sakura.ne.jpまた、HP担当の日野宛に「FAX申し込み書」(03-3759-7103)でお申し込み下さい。見学詳細はこちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。
今月の例会は6Fと3Fの2会場で行なわれますので、来場する時間と会場に間違いがないようにして下さい。

FAX 申し込み書<Wordファイルです>

◆ 2月例会
  日 時:2 月17日(土)13:30 ~17:00  
  会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室・3F展示場

  6階会議室
  13:00 ~ 13:30 フリートーク
            ※会員相互の情報交換の時間としてご利用ください。

  13:30 ~ 14:20 第14回 宍倉ゼミ 宍倉佐敏 会員(下記参照)
  14:20 ~ 14:30 事務連絡・片付け・退出後「技を極める ~越前和紙が
           創り出す装飾紙の世界~」へ合流
  14:30 ~ 14:50 休憩 《会場の移動時間が含まれます》

  3F展示場
  14:50 ~ 16:40 ギャラリートーク「越前鳥の子紙について」
                  柳瀬晴夫氏(次頁参照)/3階展示場
           ギャラリートーク終了をもって例会も終了です。
  *ギャラートーク後に6 階会議室には戻れませんので、ご注意下さい。

 

第15回 宍倉ゼミ      プロジェクター・DMS使用予定
題名:「和紙の歴史 近代の和紙 -3
『型紙の時代的変化と明治時代の檀紙と奉書紙について』」
               女子美術大学特別招聘教授 宍倉佐敏 会員

平安時代から使われた型紙が明治時代に大きな品質の変化が起きたと言われている。
目にする機会の少ない一般人には気がつかない大きな変化で、型彫師達は悪戦苦闘していると伺った。
現在の名工に教えを受け型紙の変化と共に、明治時代の檀紙・奉書紙の実態を原材料面から検討した。 

 

例会連動企画
越前和紙展  技を極める ~越前和紙が創り出す装飾紙の世界~
ギャラリートーク「越前鳥の子紙について」  
                越前生漉鳥の子紙保存会 会長 柳瀬晴夫氏

2017 年10 月に国の重要無形文化財に指定された「越前鳥の子紙」。
ギャラリートークにて、越前市で製造されている高級和紙「越前鳥の子紙」と現在の取り組みについてお話しいただきます。
展示会についての詳細は「会員情報」と関連記事の和紙情報「特集“神々しい色艶と音色、温かくそして凛とした和紙、雁皮そして越前鳥の子紙” ?― 越前鳥の子紙が国の重要無形文化財に指定、越前生漉鳥の子紙保存会が保持者の認定を受けて ―」をご覧ください。

http://washiken.sakura.ne.jp/blog/page/2/
http://www.washi.jp/topics/topics2018.html#t3

小津和紙ご案内200

◆会員情報

展示会1
越前和紙展  技を極める ~越前和紙が創り出す装飾紙の世界~    
                    福井県和紙工業協同組合会員関連
                    小津和紙会員関連

日 時:2018年02月12日(月・休)~02月17日(土)10:00~18:00
   (初日:2月12日は15:00より、最終日:17日は15:00終了)
会 場:小津ギャラリー  
   〒103-0023 東京都中央区日本橋本町三丁目6番2号小津本館ビル2F  
   電話:03-3662-1184

入場料:無料
主催:福井県和紙工業協同組合
協力:(株)小津商店 小津和紙・和紙文化研究会 
後援:全国手すき和紙連合会
 

ギャラリートーク
日 時:2月17日(土) 14:50~16:40 
内 容:「越前鳥の子紙について」
    越前生漉鳥の子紙保存会 会長 柳瀬晴夫
会 場:小津和紙3階   *予約不要

墨流し体験
日 時:2月16日(金)、17日(土) 10:30~15:00 
内 容:越前和紙伝統工芸士福田忠雄指導による墨流し体験
料 金:500円 (先着20名)
 〈柾判(約47×68cm耳付きの手漉き和紙に墨流しを行います)

関連HP
http://www.ozuwashi.net/gallery_schedule_detail.html?gallery_id=83

◆会員情報

展示会2
京表具展                    宇佐美直治 会員関連

日 時:2018年3月4日(日)〜5日(月)
        10:00~17:00(5日は〜16:00)

会 場:東京美術俱楽部  〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15

    TEL:03-3432-0191(代)
FAX:03-3431-7606
入館料:無料
列品解説:両日ともPM2:00より会場において行います。
  

主 催:京表具協同組合連合会
  
後 援:京都府・京都市・京都商工会議所・京都府中小企業団体中央会
      一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会・京都新聞社

関連HP
http://www.kyoto-hyousoukyoukai.jp/2014kyouhyougu/
http://www.toobi.co.jp/about/index.html
1、2017年会場風景1 1

2、2017年会場風景2 2

3、2017年会場風景3 3

4、2017年列品解説(宇佐美会員4