和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 2015

◆和紙情報

和紙研後援展覧会情報
「ペーパー?ペーパー!-世界は紙にも還元できる-」

ƒy[ƒp[“Wƒtƒ‰ƒCƒ„‚¨‚à‚āQ‚Q
      
会 場:大岡信ことば館
会 期:2015年11月21日(土)~2016年3月6日(日)
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)/12月28日~1月4日
入館料:大人1000円/大学生700円/小中高生500円/未就学児 無料
    毎週木曜日はシニア割引デー 60歳以上の方は半額(500円)

 大岡信の膨大なことばの仕事。それは、詩集や評論となり、あるいは新聞紙面でコラムとなり、そのほとんどが紙におさめられています。もちろん、古来より情報の多くは紙によって残されてきました。また、紙は私たちの生活に欠かせないものでもあります。そのような紙についての詩が、大岡信の作品にあります。それが、「世界は紙にも還元できる」です。”その変化を見よ”と結ばれるこの詩には、紙の力が凝縮して表されているようです。
 文学をはじめ、文化や生活を支えてきた紙。本展では、こうした紙を、特に日本古来の紙-和紙-を中心に紹介し、その重要性や可能性を探ります。

大岡信ことば館サイト http://kotobakan.jp/

①Like the waerfall 橿尾正次
①

②一本の赤い線 橿尾正次
②

③山次製紙所作品
③

④滝製紙所作品
④

⑤長田製紙所作品
⑤

月例会見学ご希望の方々へ

見学希望の方は、10月15日(木)まで「添付申し込み書」に必要事項を記入の上、事務局へ月例会担当の日野宛にFAX(03-3759-7103)でお申し込み下さい。見学詳細こちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。

FAX 申し込み書<Wordファイルです>

10月例会
日 時:10月17 日(土)
13:30~17:00 会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室
13:00~13:30 フリートーク
13:30~14:45 特別講義 「紺紙金泥経」 増田勝彦 副会長(下記参照)
14:45~15:00 休憩
15:00~16:30 招聘講師講演
「記者が触れた和紙」 河原理子 講師 (下記参照)
16:30~16:45 紹介「ペーパー?ペーパー!-世界は紙にも還元できる-」
奈良本真紀(大岡信ことば館学芸員)
16:45~17:00 事務連絡・片付け・退出

招聘講師講演
題  名「記者が触れた和紙」      河原理子  招聘講師
PC・プロジェクター使用
和紙って何? そんな素朴な疑問に立ち止まったのは、2年ほど前、物としての本について取材している途中のことでした。電子データは随時更新できるけれど、本は固定され「年をとる」ことができる、壊れそうな本を支えるのは日本の和紙だ……そうドイツで聞きました。和紙がいかにピュアで自然由来でサステイナブルか、熱く説かれました。しかし、帰国して和紙について調べ始めると、困惑することがたくさんありました。辞書の説明も少しずつ違います。それまで私がイメージしていたものは何だったのでしょう。私は楮の木を見たこともないじゃないか……。自分なりの手がかりを求め、信頼する人たちの助けを得て、高知県の川をたどり山を上がりました。そのとき書いた朝日新聞夕刊の連載「和紙をたどって」(2014年2月)を元に、私が感じとった和紙についてお話させていただき、和紙のことを深く考えてこられた皆様にご教示いただきたいと思います。

修復を待つ本たち
Exif_JPEG_PICTURE

【講師プロフィール】
河原 理子(かわはら・みちこ)
1961年 東京生まれ。東京大学文学部社会心理学科を卒業して、朝日新聞記者に。社会部記者が長く、AERA副編集長、文化部次長、編集委員などを経て、2014年3月から甲府総局長。
著書に『フランクル「夜と霧」への旅』(平凡社)、『戦争と検閲 石川達三を読み直す』(岩波新書)など。子どものころ両親が、和文・英文タイプを打つ印刷所のようなことをしていて、紙と活字が身近にあった。

※ なお、お仕事関係上重大事件などが起きた場合は、現場に急行しなければならず発表に間に合わない場合があり、急遽講師が変更になる場合がありますのでご了承下さい。(例会係より)

特別講義
「紺紙金泥経」 増田勝彦 副会長   PC・プロジェクター使用

10月から例会発表を担当します。いままで和紙に関する技術に注目してきた中で、思いついたタイトルを抜き出して例会発表としたいと思います。10月の例会では「紺紙金泥経」について発表いたします。

要 旨
私は、仏教寺院で使用された教典料紙を中心とする高級紙は、奈良・平安・鎌倉・室町時代を通して古法を維持して、文書用紙等の実用紙には、能率を図った結果としての流漉の技術発展あるいは工程の単純化などが見られると、主張しています。紺紙金泥経は、古法に従って製作されたはずですが、打瑩加工だけを受け継ぎ繊維調製はすでに実用紙製法に移行してしまっている例も見られます。
紺紙金泥経も和紙技術の変遷の大きな流れの中に存在している様子を発表しようと思います。

企画展紹介 「ペーパー?ペーパー!-世界は紙にも還元できる-」
大岡 信ことば館 奈良本真紀

和紙文化研究会が後援をすることになりました、本企画と大岡信ことば館の紹介を学芸員の奈良本さんがいたします。
会期:2015年11月21日(土)~2016年3月6日(日)
会場:大岡信ことば館
〒411-0033 静岡県三島市文教町1-9-11 Z会文教町ビル1,2F
TEL:055-976-9163 FAX:055-989-1360 担当:奈良本真紀  料金:未定

小津和紙ご案内200

◆第5回和紙文化研究会ミニ研修会のお知らせ  むさしの国の和紙工房を探訪

ユネスコ無形文化遺産細川紙技術保持者で和紙研会員の谷野裕子さんの工房にお邪魔いたします。紙漉き体験もできます。(自由見学ですが、最古の山岳寺院慈光寺に参拝も可。)奮ってご参加ください。
会員以外の方も参加できます。

訪問先:「手漉き和紙 たにの」(埼玉県比企郡ときがわ町西平2412-10 ℡0493-67-0012)

会員・非会員に限らず、申込みのない場合は参加できません。
申し込み締め切り 2015年11月7日(土)まで (和紙文化講演会会場でも可)
参加費 会員: 800円
非会員:1300円(紙漉き体験費、交通費、食事代は含みません)
申し込み方法: 担当の小井川(koikawa)まで、℡044-788-7261 かFax044-788-7262にて、人数、名前・連絡先・電話番号(複数参加の場合は代表者)を連絡して下さい。

スケジュール
集合;2015年11月21日(土)9:20に東武東上線武蔵嵐山駅(西口)ときがわ町路線バス停留所
9:31出発 バスセンター行き
9:58到着 乗り換え
10:11 出発 慈光寺行
10:26 到着
10:26~11:40 自由見学
「慈光寺」関東最古の山岳寺院。 国宝法華経一品経、阿弥陀経、般若心経。
国重文紙本墨書大般若経,ほか。慈光寺開山塔など
11:40 集合 慈光寺バス停
11:46 出発 慈光寺入り口
11:53 到着
12:00 到着 建具会館前バス停 昼食休憩
「とき庵」そば処 0493-67-0517 「やすらぎの家」うどん処 0493-67-0800
どちらも慈光寺入り口より徒歩3分~4分。

13:00~14:40 研修 「手漉き和紙 たにの」からのお話、工房見学、紙漉き体験(有料各自負担)

帰路
14:53 出発 建具会館前バス停 バスセンター行
15:05 到着 乗り換え
15:08 出発 武蔵嵐山駅西口行
15:35 到着 解散

※ 武蔵嵐山西口路線バス停留所集合が9:20では無理だが「たにの」見学研修には是非参加という方は、次の①②③のアクセスを参考にしてください。 
①武蔵嵐山駅西口路線バス停
10:38 発 バスセンター行
11:08 着 乗り換え
11:11 発 慈光寺行
11:20 着 慈光寺入り口
11:26 着 慈光寺  慈光寺にて合流できます。

②小川町駅(回数券販売所:ローソン)
11:40 発 バスセンター行
12:07 着 乗り換え慈光寺入り口経由竹の谷行
12:11 発 建具会館まえ下車
12:20 着 建具会館裏手に 「手漉き和紙 たにの」の看板あり

③武蔵嵐山駅西口路線バス停
12:41 発 バスセンター行
13:08 着 乗り換え 日向根行
13:20 発 慈光寺入り口下車
13:29 着 進行方向徒歩4分 建具会館の裏手に「紙漉きたにの」の看板あり

◆会員情報

レンブラントハウス所蔵
「レンブラント版画名品展」The Rembrandt House in Japan  
福井県和紙工業協同組合・三井田盛一郎会員 関連

黄金の世紀17世紀のオランダを代表する芸術家レンブラント
「光と影の魔術師」の作品30点福井に上陸

会 期:2014年10月2日(金)~11月8日(日)
会 場:福井県立美術館 〒910-0017 福井市文京3-16-1
Tel 0776-25-0452  Fax 0776-25-0459
 http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html

主催:福井県 福井県立美術館
講演:福井県教育委員会
特別協力:レンブラントハウス美術館・福井県和紙工業協同組合
関連イベント
● 講演会 10月3日(土)
講師:レオノーレ・バン・スローテン(レンブラントハウス美術館)
   石川 浩(福井県和紙工業協同組合理事長)
● 子どもワークショップ 10月24日(土)
 越前和紙による銅版画の刷りを体験しよう
 講師:三井田盛一郎(東京藝術大学)
問合せは福井県地域産業技術振興課 電話0776-20-0377
レンブラント 表 レンブラント 裏

月例会見学ご希望の方々へ

見学希望の方は、9月17日(木)まで「添付申し込み書」に必要事項を記入の上、事務局へ月例会担当の日野宛にFAX(03-3759-7103)でお申し込み下さい。見学詳細こちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。

FAX 申し込み書<Wordファイルです>

今月の月例会  
日 時:9月19日(土)13:30?17:00 
会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室
   13:00~13:30 フリートーク
   13:30~14:45 報告「飯能紙再生プロジェクトと
                       出ヶ原紙再生計画始動に当たって(仮)」
                     (下記参照)
   14:45~15:00 休憩
   15:00~16:40 会員発表 「関義城とその業績」(下記参照)  
   16:40~17:00 事務連絡・片付け・退出 

会員発表                   PC・プロジェクター使用

題  名 「関義城とその業績」             辻本直彦 会員
長く製紙業に従事し、古今東西の多種多様な紙の収集家であり、紙研究の草分けの一人でもあった関義城氏。そのコレクションは、現在では製造されていない貴重な和紙・洋紙、染紙や千代紙、ちりめん紙などの加工紙、古文書や記録、紙漉き図などの浮世絵、広告、商標や、和書・洋書、見本帳、製紙機械のカタログや図面、製紙原料まで多岐に渡ります。これらを見本帖として、多数の見本紙を添付した出版物を自費出版され、また、日本、中国の紙に関する文献を網羅した貴重な文献集も出版されています。これらの出版物を中心にお話します。
※当日の参考資料「百万塔143号 関義城コレクション展記念特別号」

①紙の博物館企画展『関義城コレクション』(平成24年9月)1 関コレ

②関義城 著作集
2 著作集

③The Handmade Papers of Japan
3 the handmade papers of Japan

④関義城肖像写真とThe Handmade Papers of Japan
4 肖像写真

⑤繊維分析写真
5 繊維分析写真

⑥『古今和紙譜』の見本紙
6 古今和紙紙譜の見本紙

⑦光明皇后が書写させた「四分律」の一部が『古紙之鑑』に貼付
7 光明皇后が書写させた「四分律」の一部が『古紙之鑑』に貼付 調整

【講師プロフィール】
公益財団法人 紙の博物館 学芸部長 1973年京都大学大学院農学研究科終了後、王子製紙株式会社(現在王子ホールディングス株式会社)入社。研究開発業務で25年間研究所勤務。米国ウィスコンシン州「紙化学研究所」、およびニューヨーク州立シラキュース大学「ESPRI研究所」へ会社派遣留学。2006年から紙の博物館勤務。2009年11月の企画展示「手漉き和紙の今」では皇后陛下の御行啓を賜り御説明係を担当。紙の博物館は企業系博物館として我国でその歴史は古く、今年で創立65周年を迎える。

 

 
報告
「飯能紙再生プロジェクトと出ヶ原紙再生計画始動に当たって」 滝澤徹也氏   
PC・プロジェクター使用
この度8月16日(日)~8月30日(日)の間、埼玉県飯能市において、かつて武蔵国有数の紙生産を誇りながら、忘れられた飯能の製紙と現在の飯能在住の紙漉きや造形作家を繋げた、展覧会「飯能の紙」を開催いたしました。この報告では展示した古文書や作品の記録から、飯能の紙の状況について、また、今後の飯能の紙についての取り組みについて紹介いたします。また西会津の地で始動する会津藩御用紙「出ヶ原紙」の再生プロジェクトについても少し紹介できればと思います。

飯能紙再生プロジェクト (飯能の紙展の報告)
飯能の村々は、江戸前期の武蔵田園簿によれば、武蔵国有数の紙産地であったとされています。また716年の高句麗人の高麗郡移住による技術の流入や774年の正倉院文書に武蔵国の紙生産の初めての記録があることと重ね合わせると、武蔵国の手漉紙の根源や、展開にとって重要な地域である可能性があります。
この展覧会では歴史的な資料展示から、前述の歴史性を裏付けたいと考え、文書を探し展示いたしました。その文書類は正倉院文書の写真を始め、延喜式の武蔵国の中、男作物としての紙の記述(享保8年公刊)、慶長2年(1597)に行われ、徳川家により行われた最初の検地の際に作られた、「武州高麗之郡下吾野郷御地詰帳」(大野家文書 飯能市郷土館所蔵)に見られる楮生産の記録など、江戸から明治にいたる紙の生産記録文書、第2次大戦中のトロロアオイ生産の記録などになります。
その他、この地域は江戸時代「うりはかえで」(瓜木)の生産地であったといわれます。「うりはかえで」は殺菌力があるとされ、幕府で使われた楊枝などの原木とも言われますが、皮は「ねり」としても使うことができるものです。これに関する文書も展示いたしました。
また、現在の飯能の紙漉きとして、かつて盛んに紙生産を行っていた記録がある飯能市原市場地区に在住する紙漉きや造形作家、浅岡優索・加茂孝子・藤浪佳子・柳井嗣雄の4人を紹介しました。そして、会期中には吾野の紙のスタートとして、飯能の楮で紙を漉く「飯能紙 再生体験ツアー」も行いました。この報告も行いたいと思います。
〈展覧会及び展示資料「紙舟役・川運上・綿紬紙売出改帳 文政7年(1824)」
「武州高麗之郡下吾野郷御地詰帳 慶長2年(1597)」は8月の和紙研HP参照〉

(仮称) 出ヶ原プロジェクト (出ヶ原紙再生計画)
かつて会津藩御用紙であり、今の福島県西会津町の出ヶ原の集落で作られていた出ヶ原紙。この度、これを調査し、出ヶ原の集落で、復元を地域住民らとともに行い、過程を現代アートとして提示、また新たな紙工房にて、地域の産物を作るプロジェクトが始動します。

① 展示1
1 展示1

② 展示2
2 展示2

③ 展示3
3 展示3

④ 飯能紙再生体験ツアー 紙漉き場全景
4 体験 紙漉場全景

⑤ 飯能紙再生体験ツアー ちりより
5 体験 ちりより

⑥ 飯能紙再生体験ツアー 叩く
6 体験 叩く

⑦ 飯能紙再生体験ツアー 紙漉
7 紙漉き

⑧ 飯能紙再生体験ツアー 板干し
8 体験 紙干し

【講師プロフィール】 紙との関わりについて
東京造形大学絵画専攻 5年間にわたる小川和紙技術継承者育成事業で小川和紙の基本的な技術を修得後、小川和紙の生産や体験学習、一方、東京都無形文化財軍道紙(東京都あきる野市)の生産に携わる。これまで、埼玉伝統工芸会館20周年にあたり、小川和紙資文書の調査及び展示、小川和紙年表の作成、図録制作。また現代美術作品として、昨年の青森市ねぶた祭りの大型ねぶた数台に使われていた紙を再生したり、インドの手漉き紙の調査とあわせ、バラナシ市を流れるガンジス川の中でインドの素材で紙を造り、岩手県東和町における取り壊しの建物に在った古文書を再生するなどいくつかの側面から活動している。

小津和紙ご案内200