和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 2017 > 5月 > 15

◆和紙文化パネル

予 告 和紙文化パネル‐workⅣ 

 今年6月で拡大版例会「和紙文化パネル」も4回を迎えます。例会と同じ時間帯を使い講演会と総合討議を行なう小和紙文化講演会として定着しつつあります。
 今回は平安古筆の装飾料紙に迫ってみます。近年コンピューターにUSB接続で簡単に利用できるDMS(デジタルマイクロスコープ)の普及が著しいですが、それを使って、非破壊で平安古筆の紙質調査を試みました。
 藍と紫を主とした平安時代を代表する打雲・飛雲・羅紋・墨流し・藍紙などの美しい加飾は、日本人の美意識が作り出した和紙装飾の最高傑作の一つです。これまで想像の域を出なかったそれらの紙素材・装飾模様・表面加工などを科学の目でのぞくとどんなものが見えてくるのでしょうか。
 この調査・研究の成果が日本書道史や古筆研究の新たな研究の扉を開け、さらに日本の紙文化や日本人の美的感覚の再発見につながることを願っています。
 また、この研究調査を元に平安古筆の装飾料紙の再現も試みており、その試作品も会場に展示する予定です。
 (なお、やむを得ない事情により予定を変更する場合がありますのでご了承下さい。)

 

テーマ「和紙に見る藍と紫、日本人の美意識」

日 時:2017年6月17 日(土)13:15~17:00
会 場:小津和紙本社ビル 3階展示場「小津和紙照覧」
     一般見学可能(詳細は今月22日以降HP上でお知らせします)
参加費:あり

 

基調講演
「平安の古筆に見える加飾紙の種類と多様性」
名児耶 明 講師(公益財団法人五島美術館副館長) 

「デジタルマイクロスコープ(DMS)から見えた装飾模様の謎」 
高橋裕次 講師(公益財団法人大倉文化財団大倉集古館学芸部長)
 
「加飾紙のDMS紙質繊維分析とその実際」
宍倉佐敏 講師(会員・女子美術大学特別招聘教授)   
DMS操作補助:白井麻美(繊維分析研究)

「打雲製作の伝承と実際」
石川 浩 講師 (福井県和紙工業協同組合理事長)

質疑応答・総合討議
「奈良・平安の美から近世、そして現代へ ?受け継がれる日本の加飾美」 
 パネラー:名児耶 明 講師・高橋裕次 講師・宍倉佐敏 講師・石川 浩 講師
 DMS操作:白井麻美  司会:日野楠雄

展示品(予定)
試作加飾紙:雲紙(打雲)・飛雲紙・墨流紙・羅紋紙・藍紙など