和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 2017

◆会員情報

伝産品の祭典 東京大会
第34回伝統的工芸品月間国民会議全国大会    
               田中正武・福井県和紙工業協同組合会員関連
日 時:11月3日(金)~6日(月)
 記念式典は11月2日(木)ホテルメトロポリタンにて開催
場 所:東京国際フォーラムを中心にした丸の内エリア
内 容:子供から大人まで楽しめる体験型イベント、展示販売、ステージイベ
    ント等
入場料:無料
問合せ先:東京都伝統的工芸品月間推進協議会事務局(産業労働局商工部経営支援課内) 電話 03-5320-4778(直通)
関連HP 
 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/02/20/10.html

◆会員情報

コンサート
堤江実 ポエムコンサート「ありがとう」20TH ANNNIVERSARY POEM CONCERT 2017    
                        花牟禮亜聖 会員関連

日 時:11月16日(木)
会 場:神楽坂・アグネスホテル東京・アグネスホール
    〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-20-1  TEL : 03-3267-5505
出 演:
〔詩と朗読〕堤江実
〔アルパ 〕志賀昭裕
〔フルートとヴォイス〕 後藤直
〔構成演出〕佐藤よりこ
〔美術・デザイン〕花牟禮亜聖

【TEA TIME CONCERT】テイータイムコンサート
14:00 受付
14:30 から 15:15 / ティータイム
15:15 から 16:30 / コンサート
チケット:7,000円
【DINNER CONCERT】ディナーコンサート 
18:00 受付
18:30 から 19:45 / ディナータイム
19:45 から 21:00 / コンサート 
チケット:15,000円

POEM-CONCERT-2017 花牟禮関連

◆和紙情報

研究会・講演会
膠文化研究会第10回公開研究会「膠   人と旅」

関連Web
膠文化研究会公式サイト http://nikawalabs.com/index/
膠研フェイスブックページ http://www.facebook.com/NikawaLabs

日 時:2017年10月29日(日)
会 場:東京藝術大学美術学部中央棟第1講義室
 東京都台東区上野公園12-8
定 員:100名(先着)
参加費:3,000円
懇親会費:当日支払:一般 3,500円、学生 2,500円
     事前払込:一般 3,000円、学生 2,000円
主 催:膠文化研究会
後 援:文化財保存修復学会、国宝修理装潢師連盟

<プログラム>
12:30 開場・受付開始
司会:稲葉政満 東京藝術大学美術研究科教授
13:00-13:10 開会挨拶:早川典子
         東京文化財研究所保存科学研究センター修復材料研究室長
13:10-13:50 「魚膠の文化」森田恒之
         国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授
13:50-14:40 「中国及び欧州における膠の現状」
  -現地の声を聞いて- 北田克己
   愛知県立芸術大学美術学部教授、日本美術院同人
  -製品の流通状況とその種類、利用- 宇髙健太郎
   美術家、日本学術振興会特別研究員
14:40-15:20 「なめし工場で働いて見えたこと」関野吉晴
   探検家、武蔵野美術大学造形学部教授、外科医
15:20-15:50 休憩
15:50-16:20 質疑応答 座長:半田昌規
   半田九清堂代表取締役、国宝修理装?師連盟理事
16:20-16:30 閉会挨拶:斉藤典彦 東京藝術大学美術学部教授

懇親会
16:50-18:20
会 場:東京藝術大学大学会館(キャッスル)喫茶室(音楽学部内)

*プログラムは変更になる場合があります。

<参加申込み>
事前受付制です。
参加応募様式をダウンロード、必要事項を記入の上、件名に「第10回公開研究会」と
明記して、膠研事務局 nikawalabs@gmail.com 宛メールに添付してください。
受付後、参加受付確認メールをお送りします。
受付期間:10月3日(火)~10月20日(金)
参加費・懇親会費払込期限:10月23日(月)
参加証発行開始:10月16日(月)

<ご注意>メールによる参加申込みをすると、確認のため「参加受付完了のお知らせ」が届きますが、数日を要する場合があります。

<申込み、問い合わせ先> 問い合わせはメールでお願いします。
膠文化研究会事務局 メール: nikawalabs@gmail.com
膠文化研究会 200

◆和紙情報

和紙関連総合イベント
「手漉き和紙を未来に繋ぐ Connecting Handmade WASHI To Future」

関連HP http://matsue.handmade-washi.com/pages/1178063/page_201708081624

3部構成
①手漉き和紙展
日 時:10月8日(日)~12日(木) 10:00 – 17:00
会 場:松江テルサ 1Fロビー(アトリウムシャラ)
    〒690-0003 島根県 松江市朝日町478-18  電話 0852-31-5550
内 容:
ExhibitionⅠ
◇全国の手漉き和紙展示
◇人間国宝 安部榮四郎の功績
◇出雲民藝紙展示
◇手漉き和紙の製作工程パネル展示
◇ 手漉き和紙道具展示
ExhibitionⅡ
◇島根の和紙
◇アーティスト・作家 × 和紙
◇出雲民藝紙と民藝
◇全国の手漉き和紙85リスト(下記参照)

②和紙シンポジウム
日 時:10月11日(水)13:30 - 16:30   13:00受付
会 場:松江テルサ7Fドームシアター
定 員:150名
参加費:無料(定員になり次第、受付を終了させていただきますのでご了承ください。)
内 容:
講 演:「和紙に生涯をかけた安部榮四郎」 
    講師:安部信一郎 氏(出雲民芸紙工房代表・安部榮四郎記念館理事長)
事業報告:「全国手漉き和紙のアンケート調査報告」
    安部己図枝 氏(安部榮四郎記念館学芸員・実行委員会事務局)

パネルディスカッション
Panelist 1 五十嵐康三氏(全国手すき和紙連合会会長・(株)五十嵐製紙 代表取締役)
Panelist 2 安部信一郎氏(出雲民芸紙工房代表・安部榮四郎記念館理事長)
Panelist 3 エバレット・ブラウン氏(湿版光画家)
Panelist 4 川原隆邦氏(川原製作所代表)
Coordinator 上田剛司氏(元全国手漉き和紙連合会事務局長・和紙アゲタ代表)

③ワークショップ
ワークショップ(1日2回 先着5組)
1回目10:30~/2回目13:30~


・10/ 8(日)堀江努(縁結びリボンだるま)
・10/ 9(月)アトリエHaruiro(花の和紙ブローチ)
・10/10(火)山野孝弘(民藝調切り絵) 
・ 10/11(水)松江和紙手まりの会(和紙手まり)
※当日会場まで直接お越しください。


写真の和紙プリント体験
画像の入ったスマホまたはSDカードを持参すれば、和紙にプリントできるようです。(お1人様1枚)※数に限りがあります。

主 催:和紙で結ぶ地域交流と国際交流事業実行委員会
共 催:全国手すき和紙連合会
後 援:島根県教育委員会・松江市

全国の手漉き和紙リスト
1 笹紙(北海道) 2 東山和紙(岩手県) 3 成島和紙(岩手県) 4 柳生和(宮城県) 5 丸森和紙(宮城県) 6 十文字紙(秋田県) 7 長沢和紙(山形県) 8 月山和紙 (山形県) 9 深山紙(山形県) 10 長谷川工房(山形県) 11 上川崎和紙(福島県) 12 西ノ内紙(茨城県) 13 五介和紙(茨城県) 14 烏山和紙(栃木県) 15 程村紙(栃木県) 16 桐生紙(群馬県) 17 小川和紙(埼玉県) 18 細川紙(埼玉県) 19 軍道紙(東京都) 20 小出和紙(新潟県) 21 小国和紙(新潟県) 22 越後門出和紙(新潟県) 23 雪布和紙(新潟県) 24 ヨシあし和紙(新潟県) 25 伊沢和紙 (新潟県) 26 八尾和紙(富山県) 27 越中和紙(富山県) 28 五箇山和紙(富山県) 29 悠久紙(富山県) 30 川原製作所(富山県) 31 能登仁行和紙(石川県) 32 加藤和紙(石川県) 33 越前和紙(福井県) 34 若狭和紙(福井県) 35 越前奉書(福井県) 36 越前生漉奉書(福井県) 37 駿河柚野紙(静岡県) 38 湯ヶ島和紙(静岡県) 39 西島和紙(山梨県) 40 内山和紙(長野県) 41 美濃和紙(岐阜県) 42 本美濃紙(岐阜県) 43 小原和紙(愛知県) 44 伊勢和紙(三重県) 45 深野和紙(三重県) 46 なるこ和紙(滋賀県) 47 黒谷和紙(京都府) 48 丹後和紙(京都府) 49 名塩和紙(兵庫県) 50 杉原紙(兵庫県) 51 淡路津名紙(兵庫県) 52 ちくさ和紙(兵庫県) 53 神戸和紙(兵庫県) 54 宇陀紙(奈良県) 55 吉野紙(奈良県) 56 美栖紙(奈良県) 57 保田和紙(和歌山県) 58 高野紙(和歌山県) 59 山路紙(和歌山県) 60 熊野和紙(和歌山県) 61 因州和紙(鳥取県) 62 出雲民芸紙(島根県) 63 石州和紙(島根県) 64 広瀬和紙(島根県) 65 石州半紙(島根県) 66 スサノオ和紙(島根県) 67 勝地半紙(島根県) 68 横野和紙(岡山県) 69 樫西和紙(岡山県) 70 備中和紙(岡山県) 71 おおたけ和紙(広島県) 72 徳地和紙(山口県) 73 阿波和紙(徳島県) 74 拝宮和紙(徳島県) 75 伊予和紙(愛媛県) 76 周桑和紙(愛媛県) 77 大洲和紙(愛媛県) 78 土佐和紙(高知県) 79 八女和紙(福岡県) 80 筑前秋月和紙(福岡県) 81 名尾和紙(佐賀県) 82 水俣和紙(熊本県) 83 さつま和紙(鹿児島県) 84 鶴田和紙(鹿児島県) 85 琉球紙(沖縄県)

学芸員募集
「越前市役所職員採用募集

受付期間:9月7日(木)~29日(金)
詳細は以下HPをご参照下さい。
関連HP  http://www.city.echizen.lg.jp/office/010/030/29b-nittei.html
 http://www.city.echizen.lg.jp/office/010/030/29b-nittei.html

◆和紙だより

〖季刊 和紙だより54号 2017夏号の紹介〗
目次
〈越前和紙への提言〉…… 1頁
近藤陽子さん(王朝継ぎ紙研究会主宰)
「料紙装飾の至宝、王朝継ぎ紙を深め、広める」
〈取組紹介〉「ののすておりがみ」郷土の産業資源をヨシ紙に託して…… 2頁
〈レポート〉…… 3頁
講演会 村田健一氏(福井県文化財調査特別顧問)「文化財の宝庫五箇、千五百円の軌跡と奇跡」
〈情報欄〉…… 4頁
七夕吹き流しコンテスト、カワソさん祭り、など 
〈速報〉…… 4頁
「越前生漉き鳥子紙保存会」異例の早さで国指定・重要無形文化財に認定される。
バックナンバー一覧(下記URL)からダウンロードできます。
http://washidayori.jimdo.com/

2017夏号 1頁100

2017夏号 2頁100

2017夏号 3頁100

2017夏号 4頁100