和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 例会 > 月例会見学ご希望の方々へ

月例会見学ご希望の方々へ


見学希望の方は、6月13日(木)まで「添付申し込み書」に必要事項を記入の上、事務局へ月例会担当の日野宛にFAX03−5685−7780)でお申し込み下さい。見学詳細こちらからご連絡いたします。なお、当日見学代として2,000円ご用意下さい。

また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。

 

FAX 申し込み書<Wordファイルです>

 

6月の例会のお知らせ

日時:2013615日(土)13301700

会場:小津和紙本社ビル 6階会議室(「小津和紙ご案内」参照)

13301430 原典講読『造紙説』 「越前」5456頁。 増田勝彦 会員

14301500 日常の和紙 「折り紙」 小山淑子会員

15001515 休憩

15151630 会員発表(下記)

16301700 事務連絡・片付け・退出

 

会員発表

題名「被災公文書の復旧支援の取組み」 PC・プロジェクター使用予定

阿久津智広 (Akutsu Tomohiro)会員

国立公文書館では平成23年度~平成24年度にかけて、「東日本大震災被災公文書等修復支援事業」を岩手県と宮城県で実施してきました。津波で被災した公文書の数は、膨大です。その中には戸籍や土地台帳等の現用文書や永久保存とされているものも多く含まれていました。今回は、支援事業の概要と被災公文書の復旧方法、さらにその他の復旧方法や今後の課題等を報告します。

 

阿久津 画像1 阿久津 画像2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【発表会員プロフィール】

2004年 ランビエンテ芸術修復学院 卒業

2005年 パラッツォ・スピネッリ芸術修復学院 卒業

2006年 宇都宮市立図書館 勤務

2007年~国立公文書館 勤務

 

小津和紙ご案内200