和紙文化研究会 > 活動について

活動について


1989年(平成元年)5月、有志が集い発足した当会は会員相互の協力で成立する、非営利の自主的な勉強会です。 月例会を中心に情報発信と参加型活動を続けております。

会員は自主的な参加とし、主催事業や運営を分担する。
会員は順次、月例会にて各自のテーマから発表を行う。
会員は機関誌への投稿、諸演会などで発表機会を得る。
会員は主催事業への参加、機関誌最新号の配布を得る。
-その他、会則ならびに会員心得をご覧下さい。-

〔月例会〕
基礎的な和紙関連文献の理解を深めようと発足当初より続く、 久米康生名誉会長(元代表)による文献の読解、精読する基本講義は 平成23年4月第240回例会をもって終了しました。 引き続き、会員持ち回りの発表や報告、相互の情報交換や講師を招いての講演など 会員による自主的な定例会を継続開催しております。

 

◆月例会は見学も可能です。(要事前連絡、参加費2千円)
毎月、第3土曜日に開催、午後1時より5時まで。
但し、5月は定期総会、11月頃に公開講演会、8月は休会します。

【主な定例会場】 小津和紙(小津本館ビル6階会議室)
東京都中央区日本橋本町3丁目6‐2
(営団地下鉄日比谷線小伝馬町駅下車徒歩5分)
会場提供一小津和紙

〔見学会〕
調査研究を深める上で必要と思われる施設や展覧会を対象に、随時に見学会を実施しております。

〔研修旅行〕
机上の研究に陥ることのないように各地の紙郷を訪ね、視察研修と交流を重ねております。
これまでに、吉野・名塩・黒谷、修善寺・三島、美濃・岐阜、小川・東秩父、白石、ハ尾・五箇山、高柳・小国、千種・杉原紙研究所、市川大門・西島、石州、など国内のほか、台湾、韓国も訪問。

〔刊行物〕
機関誌『和紙文化研究』を1993年創刊。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
和紙文化研究の成果と拡がりを示す定期刊行物として、会員からの発表を中心に年一回発行しております。
バックナンバー 

〔講演会〕
年一回、機関誌発行とあわせて1993年より毎年「和紙文化講演会」を主催。
幅広い調査研究の成果と多彩な和紙文化への理解と普及をめざし、広く一般を対象に毎回テーマを設けた公開講演会を催しております。