和紙関連企画

平安王朝文化は紙の中にあったか。

日本人の美意識が空の雲や水の流れなど自然の姿を紙に映し出す、それが平安古筆に使われた装飾料紙と考えられています。
しかし、長い間に消えてしまったり、変容したりして今日まで残っていないのです。その装飾料紙を復元し、そこに現代のかな作家が現代の美を吹き込みます。

歴史的事業「越前装飾和シンポジウム」「特別展覧会」開催