月例会見学ご希望の方々へ

 見学希望の方は、2月13日(木)まで、添付「Web申し込み書」に必要事項を記入の上、下記例会委員専用アドレスへ添付してお送り下さい。entry@washiken.sakura.ne.jpまた、事務局宛に「FAX申し込み書」(03-5685-7780)でお申し込み下さい。見学詳細はこちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。

FAX 申し込み書<Wordファイルです

◆ 2月例会
日 時:2月15 日(土)13:30 ~17:0 0
会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室
13:00 ~ 13:30 フリートーク
※会員相互の情報交換の時間としてご利用ください。
13:30 ~ 14:40 第26 回宍倉ゼミ宍倉佐敏 会員(下記参照)
14:40 ~ 14:50 休憩
14:50 ~ 16:40 「版画レポート2020 紙はご馳走-
和紙と唐紙サマザマな紙で摺る-」
東京藝術大学版画研究室 三井田盛一郎会員
(下記参照)
16:40 ~ 16:50 事務連絡
16:50 ~ 17:00 片付け・退出
※当日の進行状況により、スケジュールが多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

第26回 宍倉ゼミ               P C・プロジェクター使用
題 名「和紙 風土・歴史・製法 8『阿波和紙』」
               女子美術大学特別招聘教授 宍倉佐敏 会員
四国には多くの和紙産地が点在している。これは水質の良い河川が多く在り、近在の土地には性質の異なった楮が生育して、多くの種類の紙が生産されている。特に土佐の紙を育てた仁淀川と川沿いに点々と存在する吉野川が知られ、平地の少ない土地では漆を使った木地や和傘・竹材に和紙が使われた。
平安時代には「姿うるわしき紙」が阿波にあったと言われたが残された物は無い。江戸時代には多くの紙が漉かれ、明治期には最盛期を迎えたが洋紙の発展と共に和紙は減退し、昭和四十三年に富士製紙一戸となったが、県の無形文化財にされた藤森実氏が和紙産業会館を設立し、その後和紙技術の伝統と紙や文献の保存を目的に和紙研修所を設立した。これらの様子を顧みる。

会員発表                   PC・プロジェクター使用

「版画レポート2020 紙はご馳走 ー和紙と唐紙 サマザマな紙で摺るー」

 東京藝術大学版画研究室 三井田盛一郎

こんないい方をしてみます。「ご馳走を食べなかったり、とても偏食な人がいる。」版画を作ったりドローイングするときに様々な紙を実験してみるというと、さほどは不思議に聞こえないでしょう。ところが、私の見るところ多くの作り手は、ある紙と出会ってしまうとそればかり使うようになるようです。これも当然のことです。この出会ってしまった紙は、その作り手の目的にかなったものだったのでしょうし、この用紙に合う技術や技法も育っていくのですから。という訳でこれをただ偏食と決めつけてしまうこともできないのです。
では、いろいろな紙を使ってみる意義は?と考えてみます。私自身は本当に様々な紙を制作に使っています。和紙から始まり洋紙に今回のテーマでもある唐紙も使います。この時、“接ぎ木をすること”とか“レンブラント”という名前をいつも思い浮かべています。ご存知の方も多い出来事ですが、レンブラントは様々な紙、特に鳥の子系の和紙に銅版画を刷っていた人でした。これは17世紀オランダと日本との関係が生んだ幸運ですが、レンブラントは相当数の和紙を手にすることができたようです。これによって今まで麻の洋紙に刷られていた銅版画が彼の中で変容します。可能性や潜在性は可能になって初めて可視化されます。その後は当然のように流通、使用されます。和紙に刷られた銅版画が作るイメージは洋紙への印刷や紙の下準備の方法をも変えていったことでしょう。そして、私たちが知る素晴らしいレンブラント版画が現れました。日本の高品質な素材に西洋の銅版画技術が接ぎ木された瞬間です。
さて、この度の唐紙と和紙という課題ですが、比較研究という程をなさないように思いました。私を含め4-5人の作り手それぞれの手つきで紙を使ってみます。データを取る作業ではなく、紙と人との1対1対応の反応が起こるというイメージを持っていただけると幸いです。作品の方向、紙への経験の度合いや深度によって起こる反応は変わるはずです。版画や絵を作る者にとって紙は正にご馳走です。それでも味わい方を知り料理人が準備したことが分かるには少々時間がかかるようです。


■プロフィール
三井田盛一郎/ MIIDA SEIICHIRO
1965年 東京生まれ、1992年 東京芸術大学美術学部卒業、1993年 同大学院 版画中退 /現在 東京藝術大学 准教授
展覧会:
2000:町田市立国際版画美術館作家招聘次代をになうアーティスト達 ①三井田盛一郎展
2009:EXHIBITION MIIDA SEIICHIRO  尾道市立白樺美術館
2011:AWAGAMI and Print Expression 2011文房堂ギャラリー(東京)
2014:国際木版画会議2014 展覧会:木版ぞめき
2015:Exhibition MIIDA SEIICHIRO – “岸壁の父母-此の人の月日” Higure17-15 cas.
2017:日中交流展「紐帯」寧波美術館(中国寧波)
2018:“ビーナスを綴じる”The Artcomplex Center of Tokyo
他個展多数

◆会員情報

展示会 

「京表具」展                  宇佐美修徳堂 関連

会 期:2020 年2 月21 日(金) 10:00 ~ 17:00
2020 年2 月22 日(土) 10:00 ~ 16:00
会 場:東京美術倶楽部 105-0004東京都港区新橋6 丁目19-15
列品解説:両日とも14:00 より
実 演:樹田紅陽氏による「京繍」(作品展示もあり)
京都表装協会の会員も掛軸や額などの作品を多数出品いたします。関東地方にお住まいの方々も、ぜひこの機会に「京表具」展にご来場ください。
主 催:京表具協同組合連合会
後 援:京都府・京都市・京都商工会議所・京都府中小企業団体中央会
一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会・京都新聞社
関連HP :http://www.kyoto-hyousoukyoukai.jp/menu/news/

ハガキ

 

展覧会
「2019公募 第32回全国和紙画展 東京展」      小津和紙 関連

会 期:2020年3月2日(月) ~3月7日(土)  10: 00~18:00
2日は13:00より、入場は17:30まで。7日は15:00 まで開催。
会 場:小津ギャラリー  〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2
小津本館ビル2 階  TEL 03 (3662)1184
1300 年の伝統を受け継ぐ美濃和紙の産地、岐阜県美濃市が主催する巡回展。
全国公募168 点の中から選ばれた多彩な表現、技法の秀作28 点、招待作品3 点を展示。
無料体験:会期中 美濃和紙による「しおり作り」
関連HP:
https://www.ozuwashi.net/gallery_schedule_detail.html?gallery_id=184

ポスター

◆開催予告

   大東文化大学書道研究所主催 書道芸術文化講演会
     
          日本の美、平安装飾料紙の世界
         ―越前が取組む復元紙とかな表現―

               概 要
 千年を経て越前で復元された「打雲」「飛雲」「羅紋」「いろ紙」。それによって甦った美と価値観から装飾料紙とかな書道の関係性をあらためて考え、新たなかな表現を探ります。
 平安古筆に使われた雅びで美しい装飾料紙は、かなの世界ではあこがれて止まないものであるが、漉く(湿紙)中でできるこの4種の「打雲」と「飛雲」は千年の間大きく変容し、「羅紋」と「いろ紙」はいつの頃からか消えてしまい、平安の姿が現在まで伝わっていません。そのためか本来の姿とは異なる形やその印刷紙など本物からはほど遠いものが出回って、平安の美は遥か遠い世界となっいます。やはり、古典に則した本物に出会うことは、心が沸き立ち、現代のかな表現の可能性を広げることにもつながり、重要な価値が潜んでいるものと思われ、その復元が強く望まれていました。
 越前では研鑽を積み古典の持つ雅びを求め、姿形を限りなく近づける努力を重ねつつ、また、それを基に新たな時代の装飾を生み出しています。この成果を会場に展覧し、“平安の装飾料紙とかな”及び日本書道史などをあらためて見つめ、どんな美や価値があるのか、そしてこれからどんな書や表現につながっていくのかの講演。そして復元紙を実際に使用して席上揮毫をしていただき、平安の美を味わっていただく内容といたします。(英訳は添付ファイル参照)

テーマ:「日本の美、平安装飾料紙の世界 ―越前が取組む復元紙とかな表現―」
日 時: 令和2 年2月22 日(土)12:00―16:00

開場10:00 受付11:30 より(多目的ホール)
対 象:一般・大学生・大学院生・大東書道会員・和紙、美術関係者など
定 員:300 人
参加料:2,000 円
申込方法:添付ファイル参照
会 場:大東文化大学板橋校舎 多目的ホール
東武東上線東武練馬駅よりスクールバス約7分
都営三田線西台駅より徒歩約10 分
主 催:大東文化大学書道研究所
後 援:福井県和紙工業協同組合・和紙文化研究会・(有)東京文物

〔次第〕
12:00 開会
第1部 講 演
12:10 - 12:40 「奈良から平安へ 装飾料紙の色」名児耶 明(書道研究所研究員)
12:45 - 13:15 「平安古筆に使われた紙」髙城竹苞 (本学書道学科教授)
13:20 - 13:50 「復元に賭ける越前の魂」石川 浩 (福井県和紙工業協同組合理事長)
休憩
第2部 席上揮毫 「装飾料紙に書く」
14:10 - 14:40 高木厚人(本学書道学科教授) 髙城竹苞

第3部 質疑応答 「復元紙から新しいかな表現を考える」
14:50 - 15:40 名児耶 明 高木厚人 髙城竹苞
石川 浩 五十嵐康三(全国手すき和紙連合会会長)
進行:日野楠雄(本学書道学科非常勤講師)
閉会

※ 時間は予定です。進行状況により前後することがございます。
※ 『墨』262 号「かなと料紙」芸術新聞社刊をお持ちの方は、ご持参頂くとより理解が深まります。

特別展示・解説(多目的ホール・展示予定品は変更の場合もあります)
10:00 ~12:00
①特別展示:黒田賢一・高木厚人・土橋靖子・横山煌平・渡辺墨仙各先生の10 作品
②「打雲」「飛雲」「羅紋」「いろ紙」の復元紙と応用型の新装飾料紙を各10~1 5 種

③平安装飾を元にした試作実用品
④かな料紙の元になる鳥の子紙各種(「生漉鳥の子保存会」製紙)
⑤平安・鎌倉期の古筆
越前・和紙関係者等による説明・紹介

問合先 〒175-8571 東京都板橋区高島平1 - 9 - 1
    大東文化大学書道研究所 「書道芸術文化講演会」係
    FAX 03-5399-7346 
    Mail:shodoken@jm.daito.ac.jp

 

会場風景

1 打雲1 205×150
2 打雲2 205×150
3 打雲3 205×150
4 飛雲1 195×185

5 飛雲2 220×160
6 羅紋 青 205×130

7 羅紋 赤1 215×130
8 羅紋 赤2 215×130
9 いろ紙 5種
10 いろ紙 赤125×115

11 いろ紙 紫125×115

12 いろ紙 黄125×115
13 いろ紙 青125×115
14 いろ紙 緑125×115

参加申込書

概要の英訳 Japanese beauty

 

月例会見学ご希望の方々へ

 見学希望の方は、1月16日(木)まで、添付Web申し込み書」に必要事項を記入の上、下記例会委員専用アドレスへ添付してお送り下さい。entry@washiken.sakura.ne.jpまた、事務局宛に「FAX申し込み書」(03-5685-7780)でお申し込み下さい。見学詳細はこちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。

FAX 申し込み書<Wordファイルです

◆ 1月例会
日 時:1 月18 日(土)13:30 ~17:0 0
会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室
13:00 ~ 13:30 フリートーク
※会員相互の情報交換の時間としてご利用ください。
13:30 ~ 14:40 第8回増田ゼミ増田勝彦 副会長(下記参照)
14:40 ~ 14:50 休憩
14:50 ~ 16:40 「掛軸の形式と素材について」 宇佐美直治会員(下記参照)
16:40 ~ 16:50 事務連絡
16:50 ~ 17:00 片付け・退出
※当日の進行状況により、スケジュールが多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

 

第8回 増田ゼミ               P C・プロジェクター使用
題 名「紙と印刷」
                           増田勝彦 副会長
新しい技術を支える材料がある場合、あるいは新しい材料によって技術が新しく発展する場合が考えられますが、紙と印刷に関して、そのような観点で、日本における代表的な印刷3種、経巻の印刷と紙、浮世絵の摺りと紙、唐紙の摺と紙を見てみましょう。
1.経巻の印刷と紙、
2.浮世絵の摺りと紙、
3.唐紙の摺と紙

 

会員発表                   PC・プロジェクター使用
「掛軸の形式と素材について」        
                           宇佐美直治 会員
書や絵画の鑑賞・保存のために和紙・裂・糊などを使って掛軸・巻物・額・屏風・襖・衝立などに仕立てたものを表具といいます。なかでも代表的な仕立てかたである掛軸には多くの形式があり、その形式は、好みで自由に選ぶのではなく、本紙によって使い分けられています。また、形式だけでなく、表具裂や軸首などにも多くの種類があり本紙に相応しいものを選びます。表具裂の代わりに和紙を使用した紙表具の掛軸もあります。また、掛軸の工程にも和紙が使用されています。実際に掛軸や和紙や裂をご覧いただきながらご説明させていただきます。
①表具の道具

②糊

③肌裏打ち

 

④総裏打ち

■プロフィール
宇佐美直治(Naoharu USAMI)
株式会社宇佐美修徳堂代表取締役、「京表具」伝統工芸士
(株)宇佐美松鶴堂8 代目宇佐美直八の次男として生まれる。
1989 年(株)宇佐美松鶴堂入社、京都国立博物館内文化財修復センターの宇佐美松鶴堂工房にて文化財修復に携わる。2006 年(株)宇佐美松鶴堂退社、(株)宇佐美修徳堂設立

◆会員情報

展示会
~越前和紙の職人の技が光るふすま紙の世界~
ふすま紙を極める          福井県和紙工業協同組合 関連

会 場:小津ギャラリー(小津本館ビル2階)
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2小津本館ビル
TEL 03-3662-1184
会 期:2020 年2 月17日~22日 10:00 ~ 18:00
※初日は15:00 から/ 最終日は15:00 まで
出 展:(株)長田製紙所・(有)やなせ和紙・(株)岩野平三郎製紙所・(株)滝製紙所・(株)五十嵐製紙
主 催:福井県和紙工業協同組合
協 力:越前市・小津和紙
後 援:全国手すき和紙連合会
問合せ:福井県和紙工業協同組合
TEL 0778(43)0875  mail:info@washi.jp
http://www.washi.jp/topics/topics2019.html#t13

参照:寸法 以下@の左下「越前手漉き和紙規格表」をクリック
http://www.washi.jp/syurui/index.html