和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 2013 > 9月

9月2013

第21回 和紙文化講演会について

今年度の和紙文化講演会の講師陣・テーマ・スケジュールは以下の通りです。詳細は講演会ページをご覧下さい。

期 日:1130日(土)

 会 場:東京藝術大学 美術学部中央棟第一講義室

 講師と演題 (都合により変更の場合があります)

  940       開場

10001010  開会の挨拶 増田勝彦(副会長)

10101100  「日本画用紙の今日的諸相と抄紙環境」 

            関 出(東京藝術大学日本画研究室教授)

11001150    「絵巻に適した鎌倉時代の和紙再現―抄紙と打紙加工について」 

                      宮下真理子(会員)

13201410    「墨の概要および伊藤若冲紙本墨画の使用材料について」 

            宇髙健太郎 (東京藝術大学 専門研究員)

14101500    「修復現場における紙製文化財の種類と絵画について」 

                       半田正博(会員)

15201610     「我が国における絵画に使われた紙 ―材料と表現の史的関係を求めて―」

               渡邊明義(一般財団法人 世界紙文化支援財団紙守 代表理事)

16101650     総合討議 座長 増田勝彦

1700            閉会

和紙情報

岡嶋多紀展

「布のかたち、糸のかたち」~ふたつの素材、木綿と和紙~

期 日 : 2013917日(火)〜25日(水)

会期中無休 11001830

会 場 : ストライプハウスギャラリー

106-0032 東京都港区六本木5-10-33-3F

TEL03-3405-8108 FAX03-3403-6354

e-mail info@striped-house.com

紙衣…茶綿入り木綿和紙・染め和紙(柿渋・墨・顔料)

和紙協力:和紙伝統工芸会館〈細川紙〉

和紙情報

「小川和紙資料館 目録作成」参加ボランティアのお願いとお知らせ

昨年より、和紙文化研究会会員有志を中心として、埼玉県小川町にある「小川和紙資料館」が所蔵する資料目録を作成する下調べをしております。作業を通して古書=古い和紙に思う存分触れる事が出来ます。ご関心をお持ちの方は是非ご参加下さい。

なお、この作業は完全なボランティアですので、交通費・昼食代は各自負担となります。

10月の調査は下記の通りです。

日  時:10月5日(土)

場  所:「小川和紙資料館」

集  合:10:30頃 東武東上線「小川町」駅集合〈 送迎ボランティアが「資料館」までお連れします 〉

(直接現地で合流可)  終了時間:各自自由

作業内容:所蔵資料の目録作成(目録作成用紙に現物を見て記入する作業)

*残暑がまだ厳しいと予想されます、水分等各自準備の事。

*昼食は皆で食べに出ます。(この時「花摘み」もすませて下さい)

*マスクを各自用意して下さい。

この件に関する連絡・問合せ先は特設アドレス:ogawanochosa@gmail.comまで(連絡無しで当日直接参加でも可)