和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 2017 > 4月

4月2017

◆会員情報

【景和コレクション 伊藤若冲展】
              景山由美子 会員関連
日 時:2017年4月7日(金)~5月7日(日)9:0016:00
会 場:石谷家住宅(いしたにけじゅうたく)
    [国指定重要文化財・国登録記念物(庭園)]一号蔵
    〒689-1402鳥取県八頭郡智頭町智頭396番 電話0858-75-3500

 江戸時代の天才画家:伊藤若冲の展覧会が、鳥取・智頭にある国指定重要文化財「石谷家住宅」にて開催中。昨秋の「生誕300年記念 若冲の京都 KYOTOの若冲展」(京都市美術館)に出品された、古美術景和が所有する水墨画7点を展示。鳥取初の若冲展覧会となる。
 石谷家住宅は、江戸時代に鳥取藩最大の宿場町として栄えた鳥取県八頭郡智頭町にある、敷地面積3000坪、部屋数40、土蔵7を数える近代和風建築。石谷家は明治以降、林業で財を成した地主で、主屋など8棟および敷地が国の重要文化財に指定され、玄関棟など5棟、関係文書および棟札が重要文化財の附指定となっている。庭園は池泉庭園、枯山水庭園、芝庭などで構成され、国の登録記念物、鳥取県の名勝に指定。
 今回、展覧会が開催される「一号蔵」は、もと米倉を利用した展示施設で、美術・工芸関係の特別展が開催され、こちらも重要文化財に指定されている。

出品作品
「竹に雄鶏図」・「牛図」・「鷹図」・「狗子図」・「鯉図」・「蝶に狗子図」・「双鶴図」

関連HP http://www.ifs.or.jp/index.html
1、 ポスター1
2、 会場入口2 (3)
3、 展示風景3 (3)
4~7、会場風家4 (3)

5 (2)

6 (1)

月例会見学ご希望の方々へ

見学希望の方は、4月13日(木)まで、添付「Web申し込み書」に必要事項を記入の上、下記例会委員専用アドレスへ添付してお送り下さい。entry@washiken.sakura.ne.jpまた、HP担当の日野宛に「FAX申し込み書」(03-3759-7103)でお申し込み下さい。見学詳細はこちらからご連絡いたしますので、必ずご連絡先を明記して下さい。もし明記がない場合は受付できません。なお、当日見学代として1,000円ご用意下さい。また、見学者が多い場合はお断りすることもありますので、お早めにお申し込み下さい。

  FAX 申し込み書<Wordファイルです>

4月例会    
 日 時:4月15日(土)13:30 ~ 17:0 0     
 会 場:小津和紙本社ビル 6階会議室
  13:00 ~ 13:30  フリートーク      
         ※会員相互の情報交換の時間としてご利用ください。
  13:30~14:40  2016年度 第8回 宍倉ゼミ 宍倉佐敏 会員 (下記参照)
  14:40~14:50 休憩   
 14:50~16:40 研修旅行報告  阿久津智広 会員(次頁参照) 
 16:40~16:50 事務連絡
  16:50 ~ 17:00 片付け・退出 ※当日の進行状況により、スケジュールが多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

 

2017年度 第8回 宍倉ゼミ         プロジェクター・DMS使用
題名:和紙の歴史・中世の紙-3
『紙を着た僧侶と武将、町人や職人など庶民にも使われた三椏紙 』
                女子美術大学特別招碑教授  宍倉佐敏

 紙は仏教と最も密接にあり、紙の最大の消費者は仏僧であった、彼らは反古紙さえ自身の手で繋ぎ合わせて 衣料として利用したのが紙衣であった。紙衣の歴史と製法を纏めてみる。 室町幕府六代将軍足利義政の時代の書「下学集」に修善寺紙の名が観られ、関東地方の紙の産地として注目 された。この紙は楮や雁皮と異なり、赤褐色で書写材料としては高級紙とは云えないが、表面が平滑で美しく、 生産歩留まりが高く価格が安いので庶民向けの紙として喜ばれた、この紙の本質を探ってみる。

 

 

会員発表                  PC・プロジェクター使用

題名「第 28 回和紙文化研究会研修旅行『出雲安部榮四郎記念館、因州青谷・佐治紙漉場を訪ねて、第6 回ミニ研修旅行『一見!必見!ふすま紙の世界』の報告』                                              阿久津智広 会員 

 和紙文化研究会では、和紙の産地や関係の施設等へ研修旅行を年 1 回、ミニ研修 旅行を年数回行っております。今年度は、以下のとおり行いました。
 ●研修旅行   2017 年 1 月 22 日 ( 日 ) ~ 24 日 ( 火 )  
      「出雲安部榮四郎記念館、因州青谷・佐治紙漉場を訪ねて」
 ●ミニ研修旅行   2016 年 5 月 12 日 ( 木 )  
        「一見!必見!ふすま紙の世界」(菊池襖紙工場・埼玉県草加市)
 旅行に関しては毎回、機関誌『和紙文化研究』で報告を行っておりますが、紙面 に限りがありますので、今年度から月例会で報告することにいたしました。スラ イドを見ながら報告するとともに、いろいろな意見交換や議論の場になればと思 っております。なお、報告は阿久津が行いますが、旅行に参加された方々には適宜補足等を行っていただければ有難く思います。

【講師プロフィール】
1979年栃木県生まれ 日本・イタリアで書籍、版画、素描等の修復を学び、現在、国立公文書館の修復室に勤務。

1、島根県・安部栄四郎記念館安部榮四朗記念館1 JPG

島根県・青谷和紙工房青谷 1

3、埼玉県・菊池襖紙工場菊池襖紙 

小津和紙ご案内200

◆産地交流

今年度は色々な産地と交流を考えておりますが、昨年から始まった小川のトロロアオイ、そして、来年に向けて越前の紙の神様などからお知らせしていきたいと思います。

「大切な国産和紙原料 ―トロロアオイの作付け―」       

 昨年10月に「緊急報告及び急募「トロロアオイ希望者求む」というお知らせをしましたら、全国の紙すき産地・工房の方々から温かいご協力をいただき、事情によって生産過剰分になってしまった分は無駄にすることなくすみました。生産者の代表である黒沢岩吉さんが、3月の和紙研例会にいらっしゃって、報告と謝意を表されたことはFBでもお知らせしておりました。

 昨年はこういう状況だったために、生産者の方々は今年度の作付けをどうしたらいいか、不安定な状況にあるようです。そこで、受注生産体制にすれば、紙すき産地・工房の方々の原料確保も可能になり、黒沢さんたちも生産が安定することとなり、現在必要分を昨年ご協力いただいた方々にお尋ねしているようです。

 それらの情報をもとに、今月末頃に作付け会議を行なうそうですので、もし、必要な方々がありましたら、4月20日まで下記アドレスの販売担当者にお問い合わせいただくか、和紙研産地交流担当の日野までお問い合わせ下さい。

販売担当情報:http://washiken.sakura.ne.jp/date/2016/10/

和紙文化研究会(日野まで) entry@washiken.sakura.ne.jp

和紙原料の作付けから収穫まで、このHPで状況をお知らせして行こうと考えております。和紙作りに大切な国産和紙原料ですから、みなさんで見守って行きましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

「紙の神様 ー壱千三百年の大祭・御神忌」

 越前和紙の源といえる有名な紙祖神 岡太神社・大瀧神社では、毎年春と秋に例祭が行なわれていますが、来年の平成三十年は「千三百年の大祭」を迎えます。この1300年という時間の経過は、和紙が日本文化として長き歴史を有することと、生活の中に根付いてきたことがわかり、和紙が日本にとってどれだけ重要なものであるか意味するもので、越前五箇地区のみならず、国内の和紙関係者にとっても大きなできごとと考えられます。

 来年の春5月の「一壱千三百年の大祭・御神忌」には和紙関係者の多くの参加が足を運ばれると想像しますが、この一年、このHPでは和紙の歴史をこの1300年の祭事からかいま見たいと考えております。

平成三十年 一壱千三百年の大祭・御神忌予定

5月2日 お下り

  3日 法華八講

  4日 式典

  5日 お神輿渡り お上り

今年の春の例大祭情報

日 時:2017年5月4日 9:00

場 所:岡太神社・大瀧神社 

    〒915-0234 福井県越前市大滝町23-10 電話0778-42-1151

 

両神社の春祭りは5月3~5日の3日間行なわれておりますので、詳しくは下記HPをご参照下さい。

http://www.washi.jp/history/index.html

http://www.washi.jp/history/maturi1.html

http://www.washi.jp/history/maturi4.html

過去の「春の例大祭風景」

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

◆和紙情報

森のはこ舟アートプロジェクト 
出ヶ原紙復活再生・「森を漉く  滝沢徹也」の成果展示会   
                
期 間:2017年3月18日(土)~5月7日(日)9:00~17:00 休館日:毎週月・火曜日(祝祭日を除く、臨時休館日あり)
会 場:西会津国際芸術村
   福島県耶麻郡西会津町新郷大字笹川上ノ原道上5752
   Tel/Fax 0241-47-3200
入場料:無料
美術家・滝沢徹也氏が2年に渡り取り組んだ出ヶ原紙復活再生プロジェクト。その出ヶ原紙の歴史的背景を素地として取り組んだ 森のはこ舟アートプロジェクト西会津エリアプログラム「森を漉く」の成果展示会。

主 催:福島県・森のはこ舟アートプロジェクト実行委員会事務局:NPOふくしまアートネットワーク
共 催:東京都/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)?協 賛:日本たばこ産業株式会社
協 力:心の復興推進コンソーシアム
助 成:文化庁
問合せ:西会津国際芸術村 TEL:0241-47-3200(楢崎)

http://www.morinohakobune.jp/

http://www.morinohakobune.jp/news/20170306.html
1、 ワークショップ 森を漉くー成果品11 (2)
2、 ワークショップ 森を漉くー成果品22 (2)
3、 出ヶ原紙用具13 (2)
4、 出ヶ原紙用具24 (2)

◆和紙情報

シンポジウム「京都学・歴彩館グランドオープン記念事業『京都の文化ー京都学・歴彩館からの発信』」

期 間:2017年4月27日(木)13時~16時
会 場:京都府立 京都学・歴彩館 大ホール
   〒606-0823京都市左京区下鴨半木町1-29 電話:075-723-4831
開会挨拶: 山田啓二 京都府知事
基調講演:「歴史の裏話~史料の保存・公開とその意義~」
     公益財団法人永青文庫理事長 細川護熙氏
パネルディスカッション: 
     国立国会図書館関西館館長 片山 信子氏
     平等院住職 神居 文彰 氏
     元ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院日本研究センター長 
     シュテファン・カイザー 氏 
コーディネーター:金田章裕(京都学・歴彩館館長)

定 員:300名(参加費無料 事前申込制)
申込方法:4月3日(月)から4月17日(月)までに電話・はがき・FAX・メールにて。<当日必着・応募多数の場合は抽選>
受 付:府民生活部府民総合案内・相談センター   
電話 075-411-5000 Fax: 075-411-5001 E-mail: 411-5000@pref.kyoto.lg.jp
※参加証ハガキを返送します。なお、当日は参加証ハガキを持参の方のみシンポジウムの入場ができます。ご注意ください。
主催: 府立京都学・歴彩館、府立大学、府立医科大学
関連HP
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/event/grandopensympo.html