和紙情報

◆和紙情報

展示会 土佐和紙展

会 期:2019年2月11日~02月16日 10:00~18:00
(11日は15:00~、16日は15:00まで)
会 場:小津ギャラリー 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 
小津本館ビル2F TEL. 03-3662-1184)
主 催:高知県手すき和紙協同組合

土佐でつくられた様々な和紙(染和紙・版画用和紙等)の展示を予定しております。

土佐和紙の職人による紙漉き体験
日 程:2月12日(火)~2月15日(金)
12日 10:30~、11:30~、14:00~、15:00~、16:00~
13日 10:30~、11:30~、14:00~、15:00~、16:00~
14日 10:30~、11:30~、14:00~、15:00~、16:00~
15日 10:30~、11:30~、14:00~
内 容:高知県産の黒皮楮による風合いのある和紙の紙漉き体験
定  員:各回7名
体験内容:土佐黒皮楮紙 A4判 500円 / 1枚につき
場  所:小津本館ビル1階 「手漉き和紙体験工房」
申  込: 090-4842-0139 担当:高木・田中(予約専用番号)
メール申込は以下アドレスから
http://www.ozuwashi.net/topics_detail.html?topics_id=42
関連HP:
http://www.ozuwashi.net/gallery_schedule_detail.html?gallery_id=131

◆和紙情報

展示会 吉野匠展
吉野町商工会 伴走型小規模事業者支援推進事業

会 期:2019年1月28日~02月02日 10:00~18:00(2日は16:00まで)
会 場:小津ギャラリー 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 
小津本館ビル2F TEL. 03-3662-1184)

伝統的な製作技術を守り、生み出される使いやすく高品質な和紙「吉野和紙」。
「表具用手漉和紙(宇陀紙)製作」選定保存技術保持者 福西和紙本舗六代目 福西正行氏による「吉野和紙」手漉き体験やギャラリートークを開催致します。
吉野和紙の販売とあわせて、吉野町の特産品の販売もございます。

主催:吉野町商工会 共催:吉野山観光協会
協力:小津和紙 吉野町

ギャラリートーク「吉野和紙~本物の魅力と可能性~」
日 時:2月1日(金)13:30~14:30 定員30名
会 場:小津本館ビル3階
参 加:無料 予約された方を優先いたします 申込先 03(3663)8788

「吉野和紙」手漉き体験
2019年 1月 31日(木)、2月1日(金)・2日(土)
http://www.ozuwashi.net/topics_detail.html?topics_id=38

「吉野和紙」のあかり作りワークショップ
昔ながらの製法で作られた「吉野和紙」を使ったあかり作りを体験できます。吉野を拠点に活躍される、あかり作家の坂本尚世先生がやさしく指導します。坂本尚世オリジナル作品の展示・販売も行います。
費 用:3,800円(体験料と材料費分)
日 時:1月31日(木)12:30?14:30(2時間程度) 定員10名
申 込:予約優先 申込先 03(3663)8788
http://www.ozuwashi.net/topics_detail.html?topics_id=38

関連HP  http://www.ozuwashi.net/gallery.html

◆和紙情報

展示会 奈良絵本を見る!

新天理図書館善本叢書「奈良絵本集」刊行を記念し、個人蔵コレクションより厳選出品の展示会を八木書店が開催。

会 期:2019年1月10日(木)~1月26日(土)
開催時間:10時~入場17時まで
会 場:
定休日:日曜・祝日 尚、1/20(日)は臨時開催(19時まで)
入 場:無料
八木書店 古書部3階 住所:東京都千代田区神田神保町1-1
TEL:03(3291)8221

関連HP:https://company.books-yagi.co.jp/archives/news/5003

以下八木書店HPより
「室町、安土桃山時代から江戸中期にかけて作られた彩色絵入りの奈良絵本。その数は5千点以上になると言われています。本展では、貴重な個人蔵コレクションから30点を厳選し、黎明期から末裔期まで、およその時代順に奈良絵本の変遷をたどります。原本をご覧いただき奈良絵本の魅力をお楽しみください。」

チラシ

 

展示会 料紙と花

会 期:2019年1月26日(土)~2月3日(日)
開催時間:11:00~18:00まで
休館日:1月30日(水)
会 場:GALLERY心  〒110-0015 東京都台東区東上野6−18−14
TEL 03-3845-5010
主催:小室かな料紙工房・かわめ真紀子
協力:GALLERY心

特別講座
「継紙 初級編」
講師:小室 久(HISASHI Komuro)
申込:小室かな料紙工房へ連絡 0294−82−2451まで
参加費:5,000円
日時:期間中毎日10:00〜12:00 各回定員8名
「野花アート 入門編」
講師:かわめ真紀子
申込:期間中随時受付
参加費:3,000円 作品制作時間約2時間30分
関連HP:https://kanaryoshi.com/2219/
https://www.galleryshin.tokyo/2018/12/18/post-7303/

DM表・裏

◆和紙情報

テレビ放送
題 名 「世界!ニッポン行きたい人応援団」
TV 局 テレビ東京
日 時:12月17日(月)20:00~
取材協力:(株)東京松屋

内容
日本の衣食住など文化に興味を持ち、夢やあこがれを抱き続け日本へ行きたい外国人の思いを叶え、ニッポンへ招待する番組。今回は「襖」、製作の中で和紙がどのように使われるのか興味津々です。

予告
フランスの建具職人が、日本建築の襖と欄間の美しさに一目惚れ!以来8年間、和室を作っているが、うまくいかない。「ニッポンで本物の技術を学びたい!」というのでご招待!
京都・正伝寺で、約400年前に徳川家康の命令で描かれた襖に感激!東京・大田区で40年間襖を作る表具師を訪ね、作業工程を見せてもらう。また井波彫刻で有名な富山県井波の伝統工芸士を訪ね、欄間を作る工程を一から教わり、その素晴らしい技術に感動! (TV東京HPより)

TV東京HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/smp/

◆和紙情報

セミナー
NPO 文化財保存支援機構セミナー
『平成30 年 文化財保存修復を目指す人のための実践コース「Ⅲ. 高知研修ツアー」』募集について

今年度3回目の実践コースは、日本でも有数の紙生産地である高知県を訪ねます。土佐楮紙に加え、修復に欠かせない機能紙を生み出しているのも高知です。日頃お世話になっている紙の里を訪ね、生産に携わる方々と情報交換ができる貴重な機会です。是非ご参加ください。

日 時:2018 年11 月5 日(月)~ 7 日(水)
定 員:30 名
協 力:高知県立紙産業技術センター /高知県製紙工業会 / 三和製紙株式会社 /
鹿敷製紙株式会社 / いの町紙の博物館 /尾崎製紙所
主 催:特定非営利活動法人 文化財保存支援機構
共 催:独立行政法人国立文化財機構 東京国立博物館
後 援:公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団 /公益財団法人 日本博物
館協会 /国立大学法人 東京藝術大学 /一般社団法人 文化財保存修復
学会 /文化遺産国際協力コンソーシアム /日本文化財科学会

受講料:JCP 会員 24,000 円 / 非会員30,000 円 / JCP 学生会員15,000 円
/ 非会員学生 21,000 円
※料金には、旅費は含まれません。各自で手配いただくか、ご希望の
場合は航空券、ホテルの手配を承ります。現地ではバスをチャー
ターして移動します。
申込方法:別紙の申込用紙に必要事項を明記の上、JCP 事務局まで郵送・FAX・
メール添付にて送信願います。
申込用紙:以下ホームページをご確認ください。
https: / /npojcp.wixsi te.com/seminar2018/blank-3

申込締切:2018 年10 月19 日( 金)

【お申込み・お問合わせ】
NPO 法人 文化財保存支援機構(担当:八木)
〒110-0008 東京都台東区池之端4-14-8ビューハイツ池之端 102 号室
TEL:03-3821-3264 FAX:03-3821-3265  E-mai l:j imukyoku@jcpnpo.org
URL:http:/ /www. jcpnpo.org

 

研究会
膠文化研究会第11回公開研究会   膠と修理 -『序の舞』を守る-」 

日 程: 2018年10月14日(日)
会 場: 〒110-8714 東京藝術大学美術学部中央棟第1講義室
東京都台東区上野公園12?8
定 員: 100名(先着)
参加費: 3,500円
主 催:膠文化研究会、東京藝術大学大学院保存科学研究室
後 援:文化財保存修復学会、国宝修理装潢師連盟

プログラム
12:30 開場・受付開始
13:00~13:10 開会挨拶
13:10~113:50 「上村松園作《序の舞》の美術史的位置づけについて」
古田 亮(東京藝術大学大学美術館准教授)
13:50-14:30 「膠の性状と装潢における適性」
宇高 健太郎(東京文化財研究所保存科学
研究センター客員研究員)
14:30~115:10「『序の舞』肌の白さを如何に守るか。」
宇和川 史彦(株式会社半田九清堂主任技師)
15:10~15:25休憩
15:25~15:50質疑応答
15:50~16:00閉会挨拶: 未定
* プログラムは変更になる場合があります。

参加申込み
受付期間:9月1日(土)~9月28日(金)
参加費払込期限:10月5日(金)
参加証発行開始:10月1日(月)

事前受付制
膠文化研究会公式サイトhttp://nikawalabs.com/index/から参加応募様式を
ダウンロード、必要事項を記入の上、事務局 nikawalabs@gmail.com 宛
メールに添付してお送りください。受付後、参加受付確認メールをお送りします。
申込み・問い合わせ先:
問い合わせはメールでお願いします。
膠文化研究会事務局 (東京芸術大学日本画研究室内)
110-8714 東京都台東区上野公園12-8
メール: nikawalabs@gmail.com
電 話: 050-5525-2135(斉藤)
膠文化研究会公式サイト http://nikawalabs.com/index/
膠研フェースブックページ http://www.facebook.com/NikawaLabs