和紙情報

◆和紙情報

展覧会
小津和紙 第2弾 因州和紙展 「紙の里 因州の魅力 ~素材感と風合い~」

書を中心に使われていた因州和紙が、近年、アートの世界にも素材として選ばれ始めました。藍染したタペストリーやアクセサリーなど、作品も並びます。
和紙だからこその表現を是非この機会にお楽しみください。販売もあります。

会 期:12月16日(月)~21日(土) 10:00~18:00
(ただし、16日は14時~、21日は~16時)
会 場:小津和紙2F
東京都中央区日本橋本町3丁目6-2 小津本館ビル tel.03-3662-1184
ワークショップ:和紙マグネット・染め体験
お好きな和紙や染め方で、世界に一枚だけのオリジナルグッズ体験
日 時:17日(火)~21(土)午前中  随時受付
参加費:1,000円

協 力 鳥取県因州和紙協同組合・因州青谷楮手漉き和紙保存会・株式会社ティエスピー・鳥取県
https://www.ozuwashi.net/gallery_schedule_detail.html?gallery_id=173

◆和紙情報

展覧会 
小川和紙フェスティバル
「岡嶋多紀の世界 ~和紙の用と技 細川紙の大福帳から学ぶ~」

会 期: 11月19日(火)~11月24日(日)10:00~18:00
会 場:小川町立図書館 地下
〒630-8213 埼玉県比企郡小川町大字大塚99番地1
TEL:0493(72)5965  FAX:0493-72-3185
mail:info@lib.ogawa.saitama.jp
主 催:小川町・小川町教育委員会・埼玉県小川和紙工業協同組合・埼玉伝統工芸協会
後援:細川紙技術者協会・東武鉄道株式会社
問合せ:小川町にぎわい創出課 0493(72)1221(内線233)
mail:ogawa132@town.saitama-ogawa.lg.jp
対 談「岡嶋多紀氏に聞く」聞き手:新田文子館長
日 時:23日(土)13:30~
予 約:不要
料 金:無料

①岡嶋多紀の世界

②小川町和紙フェスティバル

 

◆和紙情報

セミナー
国際セミナー 紙と芸術表現
“ウズベキスタンのサマルカンド紙、イスラーム写本、ミニアチュールを知る”
日 時:11月16日(土)10:00~17:30(開場9:30)
会 場:名古屋大学アジア法交流館(2階)アジアコミュニティフォーラム
レセプションパーティ:1階CALEアゴラ
入 場:無料(申込制 150名)
申込みは下記ウェッブより定員に達し次第受付終了
https//labo.a-mz.com/seminar1116/entry1116.html

主 催:愛知県立芸術大学、名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)
協 力:愛知県立大学
問合せ:愛知県立大学 芸術情報・広報課 0561(76)2851

◆和紙情報

展覧会
「冷泉家と前田土佐守家ー和歌からひろがるネットワーク」

会 期: 10月1日(火)12月15日(日)9:30~17:00
(閉館30分前までにお入りください)
会 場:前田土佐守家資料館
〒920-0981 石川県金沢市片町2-10-17 TEL(076)233-1561
主 催:前田土佐守家資料館・公益財団法人金沢文化振興財団
特別協力:読売新聞社
協 力:公益財団法人冷泉家時雨亭文庫・石川県立歴史博物館・石川県立図書館・津幡ふるさと歴史館・公益財団法人勝興寺文化財保存・活用事業団

関連HP:https://www.kanazawa-museum.jp/maedatosa/exhibit/page_5.html

◆和紙情報

展覧会
「御即位記念 第71回 正倉院展」

会 期: 10月26日(土)~11月14日(木)午前9時~午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月26日・27日、11月1日・2日・3日・4日・8日・9日・10日)は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
会 場:奈良国立博物館 東新館・西新館
〒630-8213 奈良市登大路町50番地
TEL:ハローダイヤル 050-5542-8600
主 催:奈良国立博物館
特別協力:読売新聞社
協 力:NHK奈良放送局・奈良テレビ放送・日本香堂・仏教美術協会・ミネルヴァ書房・読売テレビ

特別講演
日 時:11月4日(月・振休)13時30分~15時まで
題 名:「遺愛とその輝き」
講 師:中西 進 氏(高志の国文学館館長)
会 場:当館講堂  ※事前申込制

公開講座
日 時:①11月2日(土)13時30分~15時まで。(開場13時)
②11月9日(土)   〃
会 場:当館講堂。
題 名:
①「正倉院に伝わる作り物をめぐって- 仮山残欠を中心に-」
講師 清水 健(当館学芸部工芸考古室長)
②「正倉院の風鐸?金銅鎮鐸について」
講師 細川 晋太郎 氏(宮内庁正倉院事務所保存課調査室員)
参加費:無料。(入場には整理券が必要です)
定 員:各194名。

関連HP:https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2019toku/shosoin/2019shosoin_index.html