和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 会員情報 > ◆会員情報

◆会員情報


特集「重要無形文化財(手す和紙技術)の保存と活用」
増田勝彦・佐藤登美子会員関連
新刊『月刊文化財7月号』
2015./7第一法規(株)刊行
B5版・56頁・中綴・モノクロ
本体714円
総論・制度・各論、その他に構成されており、各論ではユネスコ関連の石州・本美濃・細川、人間国宝の土佐典具帖紙・名塩雁皮紙、そして手漉和紙用具製作が特集されています。和紙関連特集は貴重です。

●総論 日本の手漉き和紙の発展             増田勝彦副会長
●制度 重要無形文化財(手す和紙技術)の保存と活用
近藤都代子 文化庁伝統文化課主任文化財調査官
●各論 
重要無形文化財「石州半紙」の現在              榊原博英
重要無形文化財「本美濃紙」の現在              清山 健
重要無形文化財「越前奉書」の現在               大久根 茂
重要無形文化財「細川紙」の現在                佐藤登美子会員
重要無形文化財「越前奉書」の現在
重要無形文化財「土佐典具帖紙」の現在          上田剛司
重要無形文化財「名塩雁皮紙」の現在 ―「滴の音の幻想」―
工芸技術記録映画「名塩雁皮紙―谷野剛惟のわざ―」を演出して 黒崎洋一
選定保存技術「手漉和紙用具製作」の現在           宮崎謙一
● 「和紙:日本の手漉和紙技術」の
ユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載について    守山弘子
他文化財に関すること

問合せ・購入:各書店か第一法規(株)03-3404-2251まで

No related posts.