和紙文化研究会 > 和紙研お知らせ > 2015 > 3月

3月2015

◆会員情報

「《祝》ユネスコ無形文化遺産登録記念 -細川紙-展」
主催:小津和紙・紙工房たかの
後援:東秩父村
会場:小津ギャラリー 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル2 階
展示期間:2015 年3 月24 日(火)- 3 月27 日(金)
開館時間:10:00 ? 18:00 ※ ただし、最終日3/27(木)は15:00 まで
入場料:無料
展示内容
◇「 石州半紙」・「本美濃紙」・「細川紙」
小津和紙寄贈による「石州半紙」・「本美濃紙」、そして、国指定重要無形文化財の保持団体である細川紙技術者協会 正会員による「細川紙」。その手漉き和紙技術がユネスコ無形文化遺産に登録された3 産地の和紙を一同に会し展示致します。また、「石州半紙」・「本美濃紙」・「細川紙」を1 つの「扇」に仕立てた、ユネスコ無形文化遺産登録記念の品を展示します。
◇「 紙漉き工程図会」(カミスキ コウテイ ズエ)
紙漉きの製作工程を当時の風俗とともに活写した12 枚の紙本彩色淡画「紙漉き工程図会」の、細川紙による複製画を展示します。この紙漉き工程図会は、現在の東秩父村に生まれた医者、宮崎耘月(みやざきうんげつ)により、明治40 年代に描かれた作品です。
◇「 細川紙」と「小川和紙」の歩み
小川町・東秩父村では、「細川紙」とともに、様々な和紙が伝承されています。この地方で漉かれた、これらの和紙を総称し「小川和紙」と呼んでいます。鷹野禎三氏による細川紙の「甘皮」・「白皮」の展示、細川紙で制作された「諸紙布」と「紙糸」の他、多種多様な小川和紙、紙漉き道具、東秩父村の四季・紙漉き風景を綴った写真作品、細川紙関連資料等を出展します。

関連企画 ギャラリートーク・イベント
3 月24 日(火) 14:00 – 15:00
展覧会開催に際し、関口知廣氏(東秩父村・副村長)によるご挨拶、鷹野禎三氏(紙工房たかの)による展示概要のご説明を行います。
3 月24 日(火) 11:00 -12:00(コレド日本橋案内所)・13:00 – 18:00(小津ギャラリー)
お問い合わせ 小津和紙 広報:西本Tel: 03-3662-1184  Fax: 03-3663-9460
E-mail: nishimoto@ozuwashi.net Web: www.ozuwashi.net